果たして、1ヶ月の酒代は?

私はけっこう酒好きです。しかし1ヶ月の酒代が一体いくらぐらいかかっているのか計算した事は

 

殆どありません。大体こんなもんかなぁ、といった感じで、いい加減なものでした。

 

しかし私はもっぱらビールだけで、他のアルコール類は一切口にしません。昔はビールと言えば

 

銘柄が違うだけで値段は殆ど同じぐらいだし、私は一日に350ccの缶3本はいってしまうので、

 

単純計算でも1ヶ月2〜3万円はかかっていた事になります。

 

しかし、数年前から「ビール」とは別に「発泡酒」なるものが売り出されました。どのような基準で

 

ビールとは分かれているのかがわからないのですが、ちょうどその頃から私の会社は不景気の兆しが

 

見えていたし、これが売り出されたお陰で酒代も3分の2ぐらいに減らせるし、酒好きの私にとって

 

まさに救世主といった感じでした。

 

さらに、「発泡酒」とは別にまた「第3のビール類」というものがたくさんの種類売り出され、値段は

 

ますます安くなって、まさに昔のビールに比べると半額以下の値段で買えてしまうほどです。

 

今は不景気のどん底で、収入もますます少なくなってしまったので、もっぱら第3のビールばかり

 

です。しかしそれでも1ヶ月の酒代は、単純計算すると8千円ぐらいいってしまう計算になるのです。

 

今こうして1ヶ月の酒代を計算していると、昔よりもかなり減っているのが良くわかります。しかし

 

毎日少し飲みすぎではないかと、家族たちから言われているのもまた事実で、これでもう少し飲む

 

量を減らしたら、さらに酒代を抑えられるのはわかっています。

 

しかし、こればっかりはなかなか減らす事が出来ません。特に今は夏の猛暑の真っ最中なので、冷えた

 

ビールが最高にうまい時期だし、ついつい本数がいってしまうのです。

 

今日もいつものビールが切れたので、近くのディスカウント酒店でまた買ってきました。今はスーパー

 

などでも、第3のビールは売っているので便利です。

 

今、以前と同じビールを同じ量だけ飲み続けていたとしたら、我が家は確実に破産ですね(笑)。