ちょっとだけ稼ぐ

昨日はライティングをしていて、ちょっとだけ稼ぎました。この手の仕事は単価の高いものを狙わなければ、一向に儲からないのですが、単価が高いからと言って、仕事がハードというわけではありません。仕事がハードなのは、むしろ低単価なものであったりもするのです。

 

仕事が易しいのに比較的金になるものもあり、私が昨日やっていたのもそれでした。サーチエンジン向けの文章なので質は問わないという感じの仕事でした。単価は250円と、高いというほどではないものの、これを8つこなしました。一記事800字なので、これだけで6400字も書いたことになります。

 

われながら、ほとんど意味のない文章であったことは否めません。薄っぺらい知識が並ぶだけなので、構成も全くと言っていいほどありません。筆を走らせているだけという感じですが、私は筆を走らせるだけというのは比較的得意なので、それほど苦労はありませんでした。

 

それでも800字書こうと思えば、どうしても10分くらいはいります。ですから、合わせて1時間この仕事を行っていたわけですが、時給2000円というのは、高いようではありますが、そういうことはめったとないので、そんなに喜べる話ではありません。電話 在籍確認無し キャッシング

 

たいがいのライティングは一文字0.1円とかですから、本当にシャレにならないくらいの仕事であると言えます。サーチエンジン対策のはずなのに、それなりの質を求めてきているサイトもあります。こういうところは審査が遅いというのも問題であると言えるでしょう。

 

こんなサーチエンジン向けの文章であれば、将来は人工知能が書いてしまうのではないでしょうか。人工知能が人間の知能を追い越すのは時間の問題であると言われていますし、こんなくだらない仕事であれば無くなるに越したこともないと思いますが、しかし、そうはいっても書くなどといった仕事が人工知能にできてしまうのであれば、仕事などほとんどの残らないようにも思われ、それはそれで不安ではあります。