貯金をきり崩さない家計を目指す

一年の半分がもうすでに過ぎようとしていますね。上半期を振り返っての我が家の家計事情はかなり深刻さをましています。理由は第一に今年は身内の葬式が多かったことです。家計簿を見てみると法事関連だけで十万以上出費しています。これはどうしても仕方ありませんね。次に、夫が車をポールにぶつけてしまって少し傷がついているのですがその傷をどうしても治したいと言われ5万円を家計から出しました。これも痛いです。キャッシングすればよかった。私からしてみれば普通に走るんだからこれくらい気にするなよと言いたいところでしたが、なんとなく専業主婦をしている負い目があって少し渋ってだしました。また、夫が会社で入っている保険について会社にやってくるおばさんの言われるがままに見直しをして保険料が月3000円ほどアップになり、さらに、来年幼稚園の娘が習い事をしたいとのことで娘のやりたいことは是非させるべく月に13000円ほどの出費が出ることになりました。すべてこの上半期で起こったことで、毎日赤字で少しずつ貯金を切り崩し始めている状況です。このままではやばいと思い私もパートを始めようと事務の面接を受けたところ、面接官にこれから子供産むことは考えていませんよね、妊娠したら何か月まで働けますかなどとマタハラ発言をされ、第二子妊娠を待っている私は働く資格もないのかと現実に落ち込み次の仕事探しに取り掛かれず現在に至っています。しかし、こんな時でもこの赤字家計を黒字にしなければなりません。そこで家計を再度見直すことにしました。まずは私の保険から、終身保険と定期保険に入っていたのですが終身保険だけにして月2500円のカット。定額で払い続けているコンタクトレンズを解約して、ネット販売のコンタクト利用で月500円のカット。あとは外食を月に4回から2回にすることで月5000円のカットの見込みと、まだまだ見直せそうなところがたくさんありそうです。さらに、電気や水道代などなるべく抑えられそうなところは意識してなるべく貯金を切り崩さない家計を目指したいところです。そして、できれば良いパート先が見つかればいいなと思いながら気長に相性のいいところを探していきたいです。下半期、巻き返します。